忍者ブログ

野生堂

日々の思った事を書き綴ります。

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

季節仕事

11月も後半になり、寒さも本格的になってきました。
うちでは暖房は薪ストーブなので、燃料にする薪を調達してきて、割る作業をどんどんしていかないと間に合いません。
今年中にはお風呂を作る予定なので(もちろん薪炊き風呂)、より薪が必要になってきそうです。
ちなみに薪ストーブは調理にも使えて便利です。
裏山の紅葉を見ながら、夫婦で交替に薪を割っていきます。



その横で、美しい黄色に輝く柚子の実。
そろそろ採り時なのですが、成長しすぎて上の方は高枝ばさみでも手が届かない。夫がノコギリとチェーンソーで枝打ちをして、すっきりした。
柚子は棘がものすごくて、手袋をしても簡単に突き破る。刺さると痛い。

大家のおばあちゃんも喜んでいた。独り暮らしで、なかなか頼める人が周りにいないので、樹木の手入れはいつも手を焼いている。庭木の手入れは、夫がいることで大分助かっているようだ。

 



そしてシイタケを収穫。
二年前に裏山で伐ったクヌギに殖菌していて、家の裏で育てていた。
とても気まぐれな椎茸なようで、ぽつぽつと出て来る。


最近目をやっていなくて、気付けば成長しすぎて巨大なものが一つ出ていた。あとの二つは手頃サイズ。
天日で乾燥して、干し椎茸にします。



田舎での暮らしには、木が直接わたしたちの暮らしに恩恵を与えてくれているのが実感できる。
ただそれもライフスタイルによりけりで、田舎でも都会人と変わらない生活(エアコン、電化製品まみれ)を送っている人の方が多いような気がしますが・・

自分達の手で木を伐って、燃料にしたり、実を頂いたり、そこからキノコをつくったり、・・本当に欠かせない存在なのです。
里山を復元させる試みを色んなところでされていますね。
とても意義がある活動だと思います。
でも私達の生活スタイル根本から見直さないと、本当の意味での復元は難しいのではないかなと思う事がよくあります。



拍手[0回]

PR

Comment

Form

お名前
タイトル
E-MAIL
URL
コメント
パスワード

Trackback

この記事にトラックバックする

カレンダー

01 2018/02 03
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28

フリーエリア

最新CM

[04/16 由季子]
[03/27 枝里花]
[03/27 えーちゃん。]
[03/26 おさかだ]
[03/05 ぱしょこ]

最新TB

プロフィール

HN:
ドン・グリガム
年齢:
36
性別:
男性
誕生日:
1981/04/26
職業:
野生動物調査・ネイチャーガイド

バーコード

ブログ内検索

最古記事

P R

TemplateDesign by KARMA7

忍者ブログ [PR]